このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

虐待する心

小説 その他

虐待する心

サナギ

繰り返される幼児虐待。しかしあなたは虐待する方を責めるだけですか?

休載中

75ページ

更新:2008/04/20

説明

毎日の様に新聞に載る虐待の事件。

表ざたになるのはほんの少し。

わかった時には大概は手遅れ。

【なんて惨い】

【人間のする事か】

いろいろな批判の言葉が
飛び交う。

確かに酷い事ではあるが
果たして加害者だけを責めるべきか?

明らかにそういう場合もあるが

中には加害者が
ある意味被害者と考える

そんな場合も少なくはないのではないか

一度くらい無いですか?

我が子を邪魔だと思った事
我が子に本気で腹が立った事
ついつい感情任せに手が出てしまった事
生まなきゃよかったと思った事……

程度はどうであれ
少しでも当て嵌まりませんか?

虐待される子の気持ちがあるなら
虐待する親の気持ちもある

完璧な親なんていません

深く難しい問題ですが
子を持つ全ての親
これから親になる方
そういう人に
是非読んでもらいたい

どうか忘れないで下さい

子は何も知らず
ただ 親の愛だけを求め
真っ白な状態で生まれて来る事を。

この物語は完全にフィクションです。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

サナギさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません