このページのリンクアドレス

エブリスタ
『鍵……忍び寄る影と罠』

小説 ミステリー

『鍵……忍び寄る影と罠』

世寧

(2)

多くの人間の死。だが、その間に関連性は見えない。

完結

492ページ

更新:2018/10/28

説明

大学を卒業して食品会社に勤めたばかりの籐野駿哉(とうのしゅんや)のもとに、ある日、『細長い古ぼけた鍵』が送られて来る。

恋人の『間宮花穂(かほ)』とともにどうにかその鍵の家を探し当て、その家の扉の鍵穴にその鍵を差し込む………話はそこから急加速に展開していく。


(*)多少、グロテスクな表現があります。

この作品のタグ

作品レビュー

世寧さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません