このページのリンクアドレス

エブリスタ
第二の関ヶ原

小説 歴史・時代

第二の関ヶ原

ユリノッペ

関ヶ原で、島左近は死ななかった。

完結

258ページ

更新:2008/07/02

説明

石田三成に過ぎたる者と言われた、島左近は関ヶ原で銃弾を受けたが、生き延びていた。
左近の家臣 紗智 霧ノ介によって、一命をとりとめた。

左近と霧ノ介等による徳川家康への復讐が始まる。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ユリノッペさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません