このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

アナスタシア

小説 歴史・時代

アナスタシア

◆ゆうひ◆

消えた記憶、よみがえる恐怖、生まれた奇跡。あらわれた彼女に魅せられた者は…

休載中

21ページ

更新:2010/05/08

説明

それはある他愛もない朝だった。


「私はアナスタシア。アナスタシア・ニコラエヴナよ」


彼女の言葉がこの物語の幕を開けた。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません