このページのリンクアドレス

エブリスタ
父

小説 ノンフィクション

氷呂邪

数年前父が亡くなりました。

完結

24ページ

更新:2011/01/14

説明

父を無くして…。 
感じたこと 
わかったこと 
後悔や悔しさ 
俺の心 
少し吐きださせてください。 
 
 
俺…26歳、既婚者。とりあえず主人公。 
 
母…俺の母親っす。61歳。 
 
弟…俺の弟。24歳。 
 
嫁…俺の奥さん。26歳。 
 
娘…長女6歳。 
 
息子…俺の息子で男の子5歳。 
義理母…嫁の母さん。 
 
義理父…嫁の父さん。 
 
親父…俺の父親。享年66歳。  
この小説を読んで少しでも両親の見る目が変わったなら両親を大切にしてください。 
 
かけがえのない両親ですから。  
よく失って気付くって言いますけど、ホントにその通りです。 
 

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません