このページのリンクアドレス

エブリスタ
不自由な鴉と籠のカナリア

小説 詩・童話・絵本

不自由な鴉と籠のカナリア

東雲

あるお屋敷にカナリアがいました。何の不自由もないカナリアが。

完結

16ページ

更新:2008/05/14

説明

籠の中のカナリアは一羽の鴉に声をかけられました。

鴉はカナリアを不自由と言います。
でも、カナリアは不自由なんかではないと言います。









鴉は言いました。
「      」

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

東雲さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません