このページのリンクアドレス

エブリスタ
装甲列車、北へ

小説 歴史・時代

装甲列車、北へ

やくたたず●

昭和20年8月9日。ソ連軍、満州侵攻。住民を救うため戦った列車がいた。

完結

131ページ

更新:2008/09/20

説明

昭和20年8月9日。


日ソ不可侵条約を一方的に破棄したソビエト連邦軍は満州の地へなだれ込んだ。

取り残された居留民、開拓民達の脱出経路を確保すべく、寄せ集め装甲列車は孤軍、北へと向かう。



マイナー分野になること必至。派手な戦闘シーンも少ないかと思いますが、お付き合いいただければ幸いです。


※一部架空の地名、地域が登場します。ご了承ください。


※執筆中は原則非公開とさせていただきます。ご了承ください。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

やくたたず●さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません