このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

共に戦場へ

小説 歴史・時代

共に戦場へ

クロネコ

主人公(春)と前田慶次の出会い…そして絆を描いた?奮闘記です。

休載中

5ページ

更新:2008/07/09

説明

2008年5月の出来事…僕は仕事が終わり、いつものように歩いて家に帰っていました。その日は雲一つなく月が出ていて、風は5月だというのに肌寒く、行き交う車はありません…。家まであと5分というところで、さっきまでの天気が嘘のようにポツポツと雨が降ってきました。
月は隠れていて街頭の灯りを頼りに急ぎ足で帰宅しました。「ふぅ…急に雨降ってきて服がビショビショだよ。ついてねぇなぁ」と呟き、服を脱いで部屋着に着替え自分の部屋に行きました。「気分変えなくちゃな…久しぶり戦国ゲームでもしてみようかな」そう言うと僕は、テレビを付け、ゲーム機本体に電源を入れた…
その瞬間……雷が落ちたような[バチバチ!バリバリ!]という凄い音がしたと思ったら僕の視界は段々と狭まり、最後には全て白く覆われていきました。「僕は…死んでしまったのかな…目の前真っ白だし、夢だよね?夢だ!夢だ!まだ23だよ?死ぬには早いよな」と自分に問いかける。段々と力が抜けていき…自然と意識が遠退く…

こうして僕の不思議な物語は始まっていく…。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません