このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

?y?y

小説

?y?y

水島彩★

もぅ何個か見付かりました?~

休載中

2ページ

更新:2007/04/10

説明

片道のサービス券を使う。帰りの切符は持ってない。
いつもより軽い荷物だな。まぁ全部送っちゃうから。
私は何しに行くんだっけ。分かりきったことの自問。
きっと変わって帰るから。期待して待ってて欲しい。
あなたは覚えているかな。あたしにかけてくれた詞。
私はわかってるだろうか。あなたの使った詞の意味。

《思い出す》
いつまでも あなたのこと 思い出して苦味笑いするの
いつまでは あたしのこと 思い出していたのか教えてょ
確に繋いだ手も 静かに消えてゆく あなたはそっと あたしに告げていたのでしょ


つまづいた小石を睨みつけたのは僕だった。

欲しかった栄光は夢と一緒に消えた。

これからどうするかなんて考えたくもない。

どうせ後悔するに決まってるんだ。

拾った宝石に目を輝かせたのも僕だった。

いらなくなった栄光は新たな夢を見せてくれた。

これからどうするかなんて考えなくていい。

どうせ考えた通りになったことなんてないから。

君を愛し始めてから僕は変わった。

夢と向き合ってこれた。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

水島彩★さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません