このページのリンクアドレス

エブリスタ
日本壊滅

小説 SF

日本壊滅

ヒロキ.O

ある日、九州を襲った巨大地震。しかしそれは、日本壊滅への序章に過ぎなかった。

完結

95ページ

更新:2008/08/31

説明

西暦2015年、日本。文明はどんどん発達していき、アメリカを抜くのではないかと懸念されている現代。
そんな日本の、西に位置する「九州」と呼ばれている島。その島は古くから「火の国」と呼ばれていた。
8月7日。夏休み、観光客で賑わう博多の街を、突如として巨大地震が襲った。その地震を発端として次々と襲う天変地異の嵐。山は火を吹き、海はうねり、大地は揺れる……。そんな過酷な状況の下、日本人に残された生存の道はあるのか。日本人の運命は……。
その日、その時。ある者はこの災害の合間に産まれた新しい命に歓喜し、ある者は親しい友――または家族の死に嘆き悲しみ、ある者は愛する者と共にその日を過ごす。自然は、もろくも彼等――または彼女等――の尊い命を奪い去ってしまうのか!?

※物語に登場する人物・機関または船舶・機器は全て(一部を除いて)空想上の物であり、実物が存在するとは限りません。予め、ご了承下さい。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ヒロキ.Oさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません