このページのリンクアドレス

エブリスタ
DEATH ROW

小説 ノンフィクション

DEATH ROW

†SPHERE†

ウエストコーストの歴史をここに描き出す。

完結

121ページ

更新:2009/09/19

説明

ギャングスタラップの象徴DEATH ROW RECORDSの実態。
 
ボディガードからデス・ロウ・レコーズを立ち上げ、ついにトップレーベルにまで押し上げた敏腕起業家シュグ・ナイト。
 
N.W.A時代アイス・キューブらと共に一時代を築いた後、デス・ロウ・レコーズの共同設立者にしてトップアーティスト、ラップ界のトッププロデューサーとして君臨したドクタードレ。
 
そのドクタードレに才能を見出されウエストコーストを代表するギャングスタラッパーとなったスヌープドック。
 
そしてデス・ロウ・レコーズに移籍後、東西ラップ抗争に巻き込まれ1996年にラスベガスで若くして凶弾に倒れた永遠のカリスマラッパー、トゥパック.アマル.シャクール。
 
ウエストコーストの歴史を今ここに描き出す。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません