このページのリンクアドレス

エブリスタ
ボクらのオカルトノート

小説 ファンタジー

ボクらのオカルトノート

東茂一

桜台第三小学校、新聞部の三人が学校の七不思議に挑む。

完結

590ページ

更新:2009/10/08

説明

桜台第三小学校、新聞部所属の三人が夏休み直前のスクープに「学校七不思議」を取り上げたことから、全てが始まった。

強気で活発な少年、「相模亮」〈さがみあきら〉。

冷静沈着のクールガイ、「天田賢治」〈あまだけんじ〉。

おっとり系太っちょ、「神野拓海」〈かみのたくみ〉。

三人は与えられた力で、学校の七不思議に挑む。


ーーーーーーーーー
8月2日~
推敲開始。
第四話まで終了
ーーーーーーーーー
8月12日~
推敲と同時進行で番外編を随時アップ予定

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

東茂一さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません