このページのリンクアドレス

エブリスタ
昼行灯顛末

小説 歴史・時代

昼行灯顛末

水無瀬青蓮

五代将軍・徳川綱吉の権勢が頂点を極めた時代。【昼行灯】と呼ばれた男の半生を綴る。

完結

236ページ

更新:2008/12/11

説明

赤穂藩主席家老・大石内蔵助。四十七士の首領であり、数奇な運命に翻弄された男。亡君・浅野内匠頭の遺命を継ぎ、表向きは吉良上野介への復讐を虎視眈々と狙いながらも、真意は公儀へ反逆の一矢にあった。果たして、刃傷事件の真因は。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません