このページのリンクアドレス

エブリスタ
月夜の交差点

小説 青春

月夜の交差点

篠原愛紀/八生愛綺

(1)

目的地はラベンダー畑!!紅く染まったナイフは誰の血か。誰も最後まで諦めないで。

完結

158ページ

更新:2009/04/18

説明

◆電子書籍大賞2013にノミネート作品◆

夏休みを控えたある日、に
小田原 流全は、
家を出た。


目的地は、幼い頃に一度だけ行ったラベンダー畑。


――母さんとの思い出の場所。


写真もビデオも、全部焼かれたなら、もうそこにしか思い出はないだろ?




夏休みを控えたある日、に。

西堂 彼方は、
家を飛び出す。

詰まらない日々に怯えて震えて、見苦しいんだ。

目的地なんてない。
手には赤く染まるナイフだけ。



――月夜の晩に、

交差点で二人は出会う。


同じクラスで、接点は他にないけれど。



二人は旅立つ。





―――
声が、
言葉が、
心が、
死んでいく―…。



心に残るものは人、それぞれ。


イヤな思い出ほど、
深く、深く深く

心に突き刺す。


腐った花の実。
咲く前に、散っていく。



――長い長い夜の幕開け。


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

202号室のお兄さん☆[リンク]
 こちらを現在連載中です。
宜しかったら閲覧お願いします。

この作品のタグ

作品レビュー

篠原愛紀/八生愛綺さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント