このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

【翻訳】ビッグスリープ(大いなる眠り)

小説 ミステリー

【翻訳】ビッグスリープ(大いなる眠り)

ペケロッチ

チャンドラーの大いなる眠りを自分で翻訳してみた。読みやすいように変えてあります。

休載中

21ページ

更新:2008/11/26

説明

レイモンド・チャンドラーの私立探偵フィリップ・マローのデビュー作をペケロッチこと、私が翻訳し直します。

著作権が今年切れるので大丈夫でしょう。

この翻訳を読まれた方は、本当にこの作品が非常にくだらない訳に終わってしまっているため、途中で投げたした方も多いと思います。

実際、忍者と探偵を訳し間違えているのではないかと思えるほど酷い訳です。

マロー探偵が、「私」ではなく、「拙者」というのは、依頼人が「将軍」となっているためで、確かに原文でもそうですが、パットン将軍ではないので、「会長」という役職名の方がしっくり来ると思います。

私の英語力と日本語能力で訳せるのか疑問ですが、チャレンジしてみます。

訳している中に、私の書いている蛇喰シリーズの匂いを感じられるでしょうか?

逆に私の書いた物の中から、師匠であるチャンドラーの匂いが私の小説から感じとられえてもらえたら幸いです。

やっぱり私の師匠であるチャンドラーは凄い。

このマロー探偵初登場が訳のために駄作で終わっているのが非常に悔しい。

その思いで新しい訳に挑戦します。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ペケロッチさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません