このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

銀の月

小説 ファンタジー

銀の月

魅蓮☆

『ごめんね……月代』 俺の退屈な日常は銀の魔女にぶち壊された━━━

休載中

584ページ

更新:2013/03/04

説明

木々が鬱蒼と覆い茂る山々を切り崩して造られた魔女の末裔だけが集まる街があった

人の目から逃れるように建設されたその街は御架神市と名付けられ、外界から隔離されている


その更に高台建設されたこの街唯一の学校━御架神学院━━







その地に舞い降りた記憶喪失の銀の少女は、死んだ筈の本物の魔女で━━━


命を狙われ続ける銀の魔女
一体誰が、なんの為に彼女を狙うのか━━━?




裏切り、裏切られ、行き着いた先に待っていたものは━━━━




ウ:て言ってますけど月代より三枝君の方が出番多いですよね?

月:うん

三:いや、俺に言われても…

ウ:しかも後半に行くにつれ可愛くなってきてるような…

咲:まま、楽しけりゃそれでいーじゃん!
さ、始まるぞ~~

月:……なんで咲夜までいるの?





ページ数は多いですが一ページを短くしているので早く読めると思います

時々いろんな壁(常識とか作者とか作品とか)をぶち破って『フィールドゲーム2nd』ヒロイン:由良ちゃんが勝手に登場します(汗


レビュー下さると作者が泣いて喜びます?h?y


?~挿し絵?~

P422 P464 P510


絵師様
桐間 未咲さん

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

魅蓮☆さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません