このページのリンクアドレス

エブリスタ
風鈴と秋刀魚

小説 SF

風鈴と秋刀魚

ぷみら

田舎のおばあちゃんが気がつくと若くなってた。僕に何が起こったの?

完結

102ページ

更新:2009/10/14

説明

僕は健太。小学校4年生。

学校で「昔の人の生活」という宿題が出たんだ。

四年生って言ったら高学年の仲間入りの年だから、一人で田舎のおじいちゃんと、おばあちゃんの所に行く事になった。

僕にとっては大冒険だ。

でも、そんな大冒険よりもっと不思議な事が起きたんだ。

気が付くとおばあちゃんが若くなってた。

ママと同じぐらい?

僕に、なにが起きたの?

僕の頭が、おかしくなっちゃったー?

今でも僕は、あの時の事が夢だったのか?って思うけど・・・

ちょっと聞いてくれる?

僕のそんな話。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ぷみらさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません