このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

牡丹の白い花弁

小説 ファンタジー

牡丹の白い花弁

てるよ

さて、今日は何が起こるんだ?昨日の続きか?

休載中

144ページ

更新:2009/11/11

説明

幽霊を信じているか?それとも否か?


そんなくだらない間抜けな問いに答えなければならない境遇に陥ったとすれば、間違いなく後者を選んだ俺だったが、


目の前に現れたら信じるも信じないもないよな。


それに死神、アンドロイド、宇宙人、天使、異世界侵略者、そんな奴らが現れてからだ。俺の味気無い生活がデタラメ奇怪現象の日常へと変貌を遂げたのは。


笑い事じゃねえよホントに。


そんなわけで俺はまんまとハメられちまったってわけだ。


神だか仏だかも明らかにならない奴の悪戯にな。

―――――――――――――――――――

真面目に書く小説は初ですので、決して上手くはないですが見てもらえれば光栄です。


批評や感想などのレビューお待ちしています。


ジャンルをSFからファンタジーに変更しました。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

てるよさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません