このページのリンクアドレス

エブリスタ
戦場のミィスケ

小説 SF

戦場のミィスケ

薫ノ介

戦場で出会った猫との、ある不思議な物語。

完結

71ページ

更新:2009/11/05

説明

 
 大国メシアンと交戦状態にある国、ミケ。両国は「クロウ」と呼ばれる騎乗式人型兵器を投入し、戦局を有利に進めようとしていた。

 そんな中、戦場で偶然助けた猫は、俺の運命を大きく左右する不思議な猫だった。

 ありがとう。今はただ、そう伝えたい……。





自分の小説では唯一、一人称で綴った短編です。ロボット小説と猫の融合をどうぞ。
 
え? タグに『猫』と『ロボット』があるから猫型ロボットだろうって? ち、違います……。
 
小説祭用ということで、専門用語は少なめに設定。この物語を読んで、何か少しでも心に響くものがあれば幸いです。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

薫ノ介さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません