このページのリンクアドレス

エブリスタ
脊索

小説 詩・童話・絵本

脊索

◎ナオさん◎

生物Ⅰの範囲にでてくる発生の原腸胚にでてくる脊髄の代わりになっているものです。

完結

2ページ

更新:2008/08/02

説明

最初から何かあったのかもしれないし
最後には何もなくなっているのかもしれない
感情がない君は唯自分の役割を果たして消える
いつ消えるのか恐れはしない君は僕の憧れ



君はいつも何を考えて消えていくのか僕は聞きたい
それは僕が消える時の魔法の言葉だから

君には誰かの代わりになれる価値があるが
僕には・・・いや・・僕たちには・・価値がない
だからいつも何かしら求めてる
自分とは違う何かを

でも僕は知っている君には僕の声は届かない事を

だって君は・・・僕らのようにたてないのだから

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

◎ナオさん◎さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません