このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

そのときは彼によろしく

小説 恋愛

そのときは彼によろしく

智史

鈴音は両手を広げ、天を仰ぎ見ながら言った。

休載中

274ページ

更新:2011/09/13

説明

小さなアクアプラント・ショップを営むぼくの前に、ある夜、一人の美しい女性が現れる。

店のドアに貼ってあったアルバイト募集のチラシを手にして―――。

採用を告げると彼女は言った。

「私住むところがないの。ここに寝泊まりしてもいい?」


出会うこと、好きになること、思いやること、思い続けること、そして、別れること……。

この小説に書かれているのは、人間の持つ数多くの優しさと心の強さです。


最高のロマンチック・ファンタジー!

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません