このページのリンクアドレス

エブリスタ
カマイタチ ~壱~

小説 ファンタジー

カマイタチ シリーズ

カマイタチ ~壱~

(´∀`)

歴史に名を残した『カマイタチ』。彼の少年時代は順風満帆なものではなかった。

完結

454ページ

更新:2012/08/09

説明

21世紀。
人々は愚かだった。
 
高度な文明。
進んだ科学力。
腐敗仕切った心。
滅びゆく自然。
 
政治家はしてはならない選択を行った…。
 
 
 
時は移り変わり31世紀に。
 
科学力はいっさい存在しない世界に変貌していた。
 
人々は科学を忘れ魔法を扱えるようになっていた。
 
 
 
主人公はそんな世界の落ちこぼれ。
 
魔法を使えない少年である。
 
そんな少年が魔法学校に通うこととなった。
 
彼はいったいどんな学校生活を送るのだろう。
 
 
 
 
 
 
全国ファンタジー部門最高197位
 
 
岡山県ファンタジー部門最高1位
 
 
 
2008年8月22日執筆開始。
2009年1月30日執筆完了。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

(´∀`)さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント