このページのリンクアドレス

エブリスタ
幸せの崩れる音

小説 ファンタジー

幸せの崩れる音

月夜見うさぎ

運命は変わらない。既に定められた事項を前に、彼らは何を思い、道を選択するのか。

完結

117ページ

更新:2009/06/27

説明

 

『魔と人の子(ハーフ・デモン)』の兄妹と人間の少女。
揺るがぬ絆を持ち合わせた三人の前に、決して抗えぬ運命の道が敷かれる。


運命を知る少女は呟く。
「運命は変わらない」と。

守ろうとした少女は嘆く。
「それだけではダメでしたの?」と。

己の血を憎む少年は叫ぶ。
「どうしてこんな仕打ちを受けなきゃならねぇんだよ!」と。


三人の絆。
愛する気持ち。
幸福への願い。

どれも強いはずだった。
けれど、運命の方が強固すぎたのだ。

受け入れよ、運命を。
聞け、幸せが崩れる音を。

覆す事は、今は何者にも出来ぬのだから。



※短編です。
※本編は『Get Over』シリーズの一つになります。
※下の『G.O.』タグをクリックすると関連作品に飛びますので、興味のある方はどうぞ。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

月夜見うさぎさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません