このページのリンクアドレス

エブリスタ
死線

小説 ホラー

死線

ラヴォアジエ

ケイはある日、ふと誰かの視線を感じる。最初は気のせいだと思っていたが………。

完結

34ページ

更新:2007/05/05

説明

誰もが一回はあるであろう経験。【視線】を感じて恐怖を覚えた事ってないですか?視線は何処から注がれているのか?…視線から始まる恐怖を書いた作品です。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ラヴォアジエさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません