このページのリンクアドレス

エブリスタ
夢のはて

小説 ノンフィクション

夢のはて

せいじです♪

人びとが、見る、ゆめ、それは、ほんとうにゆめなのか

完結

3ページ

更新:2008/10/12

説明

人、は皆夢をみる。夢はその人が、いだく憧れ、憎悪、がっまつている。もし夢が、現実になったら、ある夜、昭夫は、おそろしいゆめに、うなされる、それは悪魔に自分の心臓をぬかれる夢、ゆめはとてもリアルで、ほんとうにぬかれたかとおもうほどの感触が起きた後ものこつている。昭夫は起き、夢であった。ことに、ほっとする。やな、夢みたな~、現実の世界はヤなことなど、無かったように、ときがながれてゆく、昭夫もやなゆめを、わすれて、普段の生活にもどる、カバンに教科書おっめ急いで、学校に、学校につくと、なぜだか、人がいない、なぜこんな時間なのにひとがいないの、昭夫は、休みだったのかと、時計の暦をすると、なぜか、時計が止まっている、壊れたのか、そうか、校舎の前にも、あったな~と、校舎のまえに、すると、その時計も、何かおかしいことに、昭夫は、きずく、なんなんだ、ゆめから、さめたのに、とっさにこわくなり、家に戻る、すると、寝ていたところに、あなのようなものが、なんなんだよ、のぞき込んでみると、底がみえない、手少し入れようとすると、入り口付近ではじかれる、なにがなんだかわからない、昭夫、すると、

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

せいじです♪さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません