このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

その魔導学者、変人につき

小説 ファンタジー

その魔導学者、変人につき

アルア・ネーヨ

その学者は、変人だった――

休載中

28ページ

更新:2009/09/30

説明

魔法が発達し、科学はそう発達していない、いわゆる異世界……の、とある王国……。



城で出会う――変人魔法学者と超生真面目女魔法騎士とが――



そこから始まる物語。





私は絶望した。
でも気付いた。
だから思った。
世界を変えたい。
もう、血は見たくない。






味わい続けた。
劣等感。
屈辱感。
だけど。






「私は狂っていたんですよ……」


「何故だっ!? 私は……私は騎士だっ!」





[力]を捨てたい男と。
[力]を追い求める女。
そして、五人の[帝王]。


何が正義で、何が悪なのか。
どこまでが正義で、どこからがエゴなのか。
何が[強さ]で何が[弱さ]か。




探る、知る、求める。


そこまでシリアスじゃありません。


シリアス45

コメディー45

バトル10

ラブコメ5

くらい……?ってあれ?

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

アルア・ネーヨさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません