このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

長門有希の消失

小説 SF

長門有希の消失

Beさん

私にもただ一つ、願望が持てるなら…

休載中

19ページ

更新:2009/12/30

説明

長門厨の俺が自己満小説書きましたよっと。


小説「涼宮ハルヒの憂鬱」のアナザーストーリー的な何かだと思いこんでいます。
設定は涼宮ハルヒシリーズに準拠。


ハルヒ2期楽しみです。消失長門は俺の(ry
―――――――――
1ページ辺り800~1000字となっています。
ページ数の割にやたら長かったり、読みにくかったりするかもしれません。
マジすみません。
ページ調節とかは…しようとは思うのですが、時間かかりそうなので…暇があれば。

あと、誤字脱字とか、意味不明な表現とかあるかもしれません。
大体の意味を汲み取って頂ければ幸いです…。
―――――――――
たくさんの御閲覧、ありがとうございます。

更新頻度が負の意味で大変なことになってますが、
飽くまでも自分のペースで書こうと思います。
あしからず。
―――――――――
それでは、小説「長門有希の消失」、どうぞ。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

Beさんさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません