このページのリンクアドレス

エブリスタ
金色の道

小説 歴史・時代

金色の道

花蓮

ウツケ信長が唯一愛した女の物語…?イ

完結

135ページ

更新:2008/10/27

説明

「ママ~見てぇ。」


「危ないからちゃんと手すりに掴まりなさぁい。」


「ママ行くよ~。」


「いいよ~。滑っておいで~。」


グラッ…

……


「イ・イヤー…」


…滑り台から落ちた子どもに駆け寄ったつもりが…





気が付いたらそこは…
天文17年の美濃だった…




これから彼女の壮絶な戦いが始まる…

歴史をいじってます。ご了承ください。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

花蓮さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません