このページのリンクアドレス

エブリスタ
愛おしくなった君へ

小説 恋愛 その他

愛おしくなった君へ

沙織

愛おしいってなんだろうと思い書いてみました

完結

7ページ

更新:2008/10/28

説明

君は今………どこで何してる?
誰と居る?
こんなにも人を愛おしくなったのは生まれて初めてだ。
君には感謝している。
君対し愛おしく思えるようになったから。
 
そう……君と出会って3年と8ヶ月が過ぎた。
君と出会って、僕の人生は360度変わったよ。
あの時、君は流行りの服を身にまといながらも、清楚な感じだった。
僕は、他の女の子と比べ君を魅力的だと感じた。
誰にでも対し優しく接していたからだ。
僕は
「僕は君が好きだ、君と付き合えたら嬉しい。君が僕に対してどう思ってるか分かんないけど」
君は優しく、
「私でよければ」
とにっこりと笑って言ってくれた。
それから僕は毎日幸せだった。
君と居られるだけで幸せだった。
3年と8ヶ月と言う月日が経っても、この思いは変わらない。
ほかの誰にも負けない思い。
僕は君を生涯命が尽きるまで、愛して君を支えていこう。
君との子供が出来たら、どれだけ嬉しい事か。
愛おしい君と子供を愛し、生活していこう。
僕には君が居ればいい。
君さえ居てくれれば。

君に言いたい、告白したい。
「生涯僕に付いて来い。こんなにも愛おしく思えるようになったから、君を支えていく。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

沙織さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません