このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

曇る窓。

小説

曇る窓。

☆ぁんべ☆

僕が見たもの、見てきたもの。となりにいた君の事。

休載中

34ページ

更新:2009/05/24

説明

隠さずに、全部みせておくれ。
こんな夜に、ちっぽけな布切れ一枚で僕たちに境界線を作りたくないから。
僕が今まで見てきたものは、君にどんな風に伝えればいいんだろう?
二人きりの時間は物凄く早く過ぎていくから、伝えても伝わりきれないや。
暖かい吐息。
それだけで伝わること。
隣で君が微笑むから、僕もつられてわらっちゃうよ。
君といるといつも調子がくるってしまうんだ。
限られていた世界が、無限に広がった。

だから、今夜だけは何も言わないで。

今度は僕が連れ出してあげるから…

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません