このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

空の上の君へ

小説 恋愛 その他

空の上の君へ

サル

小さい頃から近所で幼なじみの二人 恋愛対象ではなかったのに…

休載中

191ページ

更新:2008/11/18

説明

家は隣同士の二人は小さい頃からなんでも一緒の仲良し、小、中、高も同じ学校に通うほど
16歳 夏 やんちゃで手のつけよーがないような馬鹿男
16歳 杏里 明るくて優しい女の子 唯一夏をしつけられる存在
杏「ほら朝だよー!いつまで寝てるの!?」
「なっ……いってぇぇ」凄まじい蹴りが布団に潜りこんでる俺に当たった
「蹴って起こさなくてもいいだろ…」
杏「夏にはちょうどいいくらいでしょ?早く着替えて学校に行くよ。」
なんでこんなに朝から元気がいいんだよ
めっさ笑顔で立っている杏里を見て思った。
二人の朝はいつもこんなんだ
青春ラブストーリーはここからはじまっていく…

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません