このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

知らさざれない世界

小説 ノンフィクション

知らさざれない世界

千秋

ある人が精神病院に入院し退院に至るまでそこで彼が見たものはそして現在

休載中

22ページ

更新:2009/09/16

説明

ある仕事に一生懸命な人間が、精神病院に入院するまで
そこで入院生活を通して見たこと、初めての経験、絶望、苦しみ、悲しみ、自傷行為、自殺願望、生きたい気持ち、喜び、温かさ、退院
しかしまた入院
そんな中知った事実、他の療養者、死んだ、看護士の現状、病棟状態、面会者が来ること嬉しさ、帰れない人、誰も来ない、繰り返す入退院、本音、そして『自分』
やっと向かられた退院
病気と歩んで6年半、今だから言える言葉
新しい気持ちと忘れたくない事
現在に至るまでを書き込めています
誰も知らない、長くいないとわからない事実
知らさざれない世界とは
貴方はどう思いますか
教えて下さい

私は泣き、悲しみ、葛藤し、解りはじめて、その人の助けになりたいと思い、一緒に戦い、勝ったり、負けたりして、共に笑い、悔しさを吐き出して、ひたすら歩いた彼を心より誇りに思う

千秋ょり

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

千秋さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません