このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

水精の宴

小説 ファンタジー

水精の宴

月杯座

『大気に宿りし精霊たちよ……我、汝らに願い乞う!』

休載中

55ページ

更新:2013/03/25

説明

今は昔……時は戦国の世に遡る。

いつの頃からか妖魔・魍魎の類いが現れ、多くの民がその犠牲となっていた。

時の帝は名のある手練れを集めるも、恐怖から引きずられ自ら異形へと墜ちる者も少なくは無く――夜毎繰り返される惨劇に、力を持たない者はひたすらに夜明けを待った。

絶望の只中にあったある日

『火』・『水』・『風』・『土』

四大精霊と言葉を交わし、その御力を行使することを許された者たち――妖魔・魍魎を封滅する存在が現れる。

人は彼らを"使い人"と呼び、長い時を共に過ごして行くのだった。

そして現代。今も尚、妖魔と闘う者たちがいる。

仲間と共に人々を守る為に。

そして何よりも、大切なモノを守る為に。

今、宴をここに開演す。



◆ ◆ ◆ ←場面転換記号です。

初作品です。一人称と三人称が混ざっています。お嫌いな方は⑨を押して下さいませ。

『〇〇に似ている』等のコメントやレビューはお辞め下さい。悪い所の御指摘は、改善すべき所と明確な改善策を添えてお願い致します。誤字脱字は伝言板まで。

この作品はフィクションです。実在の地名・団体名・個人名・事件名等には、一切関係ありません。

02.15.2010

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

月杯座さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません