このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

人斬りチャンプル

小説 歴史・時代

人斬りチャンプル

涙ωRUI

四方への通り道の交差点にある普通だけど訳ありな茶屋さんにきた五人の人斬りの物語…

休載中

50ページ

更新:2009/10/02

説明

かつての友人におれはある日こんな事を聞かれました:
『お主は人を斬るたびに、とどめを降りおろす瞬間で何を目に見る?』

と。




おれは答えます。
『人の死を。』

と、さりげに。




そして友人は更にこう聞いてくる:
『お主にとって、人の死とは…?』




おれは答えます。
『人なりに、その価値がつくものでございます。』

と、おれはずっと、そう思ってきた…

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

涙ωRUIさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません