このページのリンクアドレス

エブリスタ
馬跳びが飛べなくなった日

小説

馬跳びが飛べなくなった日

田蛇具理子

太った自分は、死ねばいい。…と思ってた時代の作品。

完結

22ページ

更新:2008/11/17

説明

小学校のときに誰しもがやったであろう馬とび。

それが飛べない私。

…その理由は、体重を人に預けること。

私の体重が馬とびによってばれてしまう…。

しかし、馬とびの呪縛は中学になっても終わらなかった。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

田蛇具理子さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません