このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

『エンゼル・ダスト』

小説 SF

『エンゼル・ダスト』

猪木青三

世界各国に狙われるエンゼルと呼ばれる、小さな幸せを与える少女が、銃器で迎え撃つ。

休載中

163ページ

更新:2011/09/19

説明

人類に取って最大の幸せが、実は”幸福という名の毒”(エンゼル・ダスト)だった。

『エンゼル・ダスト』とは、世界各国が手に入れようと画策する、人類の野望が全て手に入る、ウイルス?である。

しかし、小さな幸せを与え、この毒を消滅させようとする組織がある。

それは世界各国で呼び名は違うが、天使(エンゼル)と呼ばれる女達だった。

幸福と言う名の毒と、エンゼルと世界の戦いは、今始まった……。

  >>>>>><<<<<
 この作品は、三話の同一設定オムニバスです。

 アメリカや世界中が舞台で、ハリウッドナイズされた、シリアスな物語の『幸福と言う名のウイルス』

 日本の横浜が舞台で、記憶を失った謎の美女が、巫女のバイトをしながら、自分の本質を覚醒させる『天使を消せ!』

 東京、渋谷などに出没する美少女を、日本政府、世界各国が殺そうと追う『夢飲む少女』

 三話が同じ設定を基に、同時刻進行しています。

  >>>>>><<<<<
物語が解りづらいので、序章を組み込み、『エンゼルダスト』の誕生や、その歴史を挿入しましたので、まだシックリ来ない人は、読み返してみて下さい。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません