このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

比翼の鳥

小説 恋愛

比翼の鳥

P≠S

総てを捧げても、あなたを守りたかった。

休載中

65ページ

更新:2009/04/12

説明

 
 
私には、思い出せない何かがある。
 
叔母さんは、私に何か隠している。
 
そう気付いたのは、この貝殻に出逢ってからだった。
 
 
 
   * * * 
 
 
「携帯見られたく無いんだったら、保護シート位貼れば良いのに」
 
講義室で偶然出逢った、最悪なこの男。
 
もう二度と逢うまいと思っていたけれど…
 
 
 
  * * *
 
時間の違う物語が交互になっていて読みにくいかもしれませんが、理由があってしている事ですのでご了承下さい。
 
 
  いつでも海は
 私を見守っていた。
 
 
感想等下さると、やる気にも繋がりますし、何より嬉しいです。
 

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません