このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

虐めっ子と遺書とその他

小説 青春

虐めっ子と遺書とその他

物書き狐

クラスメイトが自殺未遂を起こしたその日、俺が拾った封筒はそいつの遺書だった。

休載中

9ページ

更新:2009/02/04

説明

 
 目の前にはシャープペンで簡単に遺書と書かれた封筒。
 今思うとあの時、何で咄嗟に拾い鞄に入れたんだろう?
 
 空けられない遺書から、誰かが語りかけてくるようなショートストーリー。
 
 
 二年くらい前に友達のサイトで書いた処女作です。
 まぁ、大分内容も変わってるから気分転換にでも。
 リハビリ感覚で書いてるから、書き方が(苦笑)

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

物書き狐さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません