このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

影狼 ―Kagerou―

小説 ファンタジー

影狼 ―Kagerou―

【桃堂白玉】

闇の刺客集団『幻狼』。主君のためにその身を賭ける。

休載中

119ページ

更新:2009/06/30

説明

主人公 昴流(スバル)は、貧しい村に生まれ、両親を飢えで亡くす。
 
 
その後行き倒れているところを、通りすがりのとある人に助けられる。
 
 
成長した昴流が街で見かけたのは、あの時自分を助けてくれた人。
その人は、この国の殿様だった。
 
 
その後、殿のために裏の刺客となり、仲間を増やし、仲間と闇の刺客集団『幻狼』を結成。
 
 
 
 
幻狼は、真の敵を討ち滅ぼす事が出来るのか??
 
 
 
 
 
◎ この作品は、我がリア姐、もう一人の【堕天使†】こと(菖蒲 桔梗)との共同作品です。
今後、【堕天使†】(姉)が姉妹ストーリーを連載します。

◎ この話はフィクションです。
 
 

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

【桃堂白玉】さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません