このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

鬼神再臨

小説 歴史・時代

鬼神再臨

朱雀

これは再臨した鬼神と、それに立ち向かう群雄達の物語である。

休載中

14ページ

更新:2009/10/19

説明

建安3年(西暦198年)下ヒ城で一人の漢が処刑された・・・彼の名は呂布、字は奉先、彼の愛馬、赤兎とともに「人中の呂布、馬中の赤兎」と讃え恐れられた最強の武を奮う「鬼神」と呼ぶに相応しい漢だった。しかし彼には人として、将として足りないところがいくつかあった。そのために彼は、この地で部下とともに処刑されてしまったのだった・・・それから数年後、鬼神は力を与えられ魔王として地獄より舞い戻った・・・。





※当作品の呂布が蘇るという設定はかなり以前からある筆者の考えで真三國〇双M〇LTI〇〇〇には一切関係ありません。



よかったら感想聞かせてください今後の参考にします

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

朱雀さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません