このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

信玄暗殺録

小説 歴史・時代

信玄暗殺録

ぼあねるげ

【タタラガ】の火縄銃は、六十間先の標的を射抜く。その先には武田信玄!!。

休載中

42ページ

更新:2012/07/21

説明

紀州の里に名を馳せる、火縄銃の名手【タタラガ】。
鉄の鬼の面を被り、その素顔は誰も知らない。

堺の豪商今井宗久の仲介によって、織田信長から武田信玄の暗殺を請け負った【タタラガ】は、京へ上洛中の武田信玄を火縄銃で狙撃、見事暗殺に成功する。
気を良くした織田信長は【タタラガ】に側近になるよう申し付けるが、【タタラガ】はこれを拒否。多額の報償金のみを受け取り信長の元から去ってしまう。

これほどの腕前を持つ男を生かしておいては、自らの身辺に危険が及ぶと感じた信長は、刺客には刺客とばかりに更なる暗殺者を【タタラガ】に差し向ける。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ぼあねるげさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません