このページのリンクアドレス

エブリスタ
泡沫の花束と永久の想い

小説 恋愛

泡沫の花束と永久の想い

矢澤 響

僕の最初で最後の好きな人は……花屋の後継ぎの優しい人でした

完結

100ページ

更新:2010/05/18

説明

募る想い
 
すれ違う心
 
遠ざかる二人
 
人の一生なんて、永遠という果てしない時の中のほんの一部に過ぎない
 
ましてや人の恋愛なんて……その中のさらに一握り
 
二人の恋路は一瞬の出来事
 
しかし二人の想いは……永遠に永遠という時の中に繋がっていく
 
 
 
 
 
初の短編小説なので、ところどころおかしな点もありますが、温かい目で見守ってやってください
 
誹謗・中傷はへこみますが、指摘、辛口レビューは喜んで受けます
 
特にストーリー面での指摘レビューがあると嬉しいです
 
執筆開始:12月18日
完結:1月4日

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

矢澤 響さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント