このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

明の否、影の否

小説 詩・童話・絵本

明の否、影の否

池田透花

根暗が書く詩や韻文のようなものが適当に。

休載中

2ページ

更新:2008/12/21

説明

あなたはとても愛されているねと云われてもその事実を少しも理解できない。
 
あなたみたいなひとは他にいないけれど、だけどごめんなさい、わたしあなたのことが嫌いなの。
そういう心臓の底を切り取る行為なら解る。
 
階段を降りるように、深海に潜るように、明と影を否定して暗い場所にある前提を分解する事でしか感触を得られない。
言葉にすがるというのは何度も髪を梳くような、人目を気にする恋に似た病。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

池田透花さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません