このページのリンクアドレス

エブリスタ
満月だけが知っている

小説 恋愛

満月だけが知っている

さとうかずみ

俺たちは月が欠けるのを待っていた

完結

7ページ

更新:2008/12/17

説明

月食の夜、俺は翔平を誘って、夜の公園で二人きり、月が欠けるのを待っていた。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

さとうかずみさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません