このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

救世主サマの作り方。

小説 恋愛

救世主サマの作り方。

鍵屋浅海

「そういう訳だから、3ヶ月以内に孕むように」そのひと言が、戦乱の始まりだった(嘘

休載中

291ページ

更新:2010/09/20

説明

 
誘拐同然に連れて行かれた先で告げられたのは、
あたしの息子(断定)が救世主になるという予測だった!
 
救世主が善からぬことを企む組織の手に渡らないように、
あたしにこの中の誰かの子をさっさと孕めって!
 
どういうことよっ!
 
「人工授精で構いませんか?」
「とりあえず、身体からの関係でよくね?」
「ね、3●でもいいから。ね?」
 
「冗談は寝てから言えっ!!」
 
今日もあたしのスリッパが唸る!?
 
 
  読まれる方へ 
 
義務教育中の方に、不適切な表現が多分に含まれています。
下なネタの割合が高いですが、ギャグが主な要素です。
恋愛を求めないでください。
エロを求めないでください。
とにかく、アホです。馬鹿です。
         (作者が)
 
これらを承知の上でご覧ください。
 
2008.12.22~チョー低速更新中

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

鍵屋浅海さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません