このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

夕凪

小説 歴史・時代

夕凪

さなだまる

理想と現実、最後に守りたいものはひとつだけ。

休載中

65ページ

更新:2012/09/02

説明

かつての栄光がみる影もなくおちぶれてしまった北条氏の忍集団、風魔の一族。


主滅ぼされた後に行使された風魔狩りから逃げおおせた彼らはある土地、山間部の山端にひっそりと生きることとなる。



それから数十年経た江戸初期の1614年、彼らの平穏な暮らしは時の相反する二大勢力によって崩されることになる。


豊臣と徳川ー新旧の確執が広まっていく世で、哀しくもいち早くそれを身に受けた彼らは、己が葛藤の渦にのみこまれてゆく。



生と死、現実と理想の間で揺れ動く人間の物語。






『月虹』の番外編として書いたものなので、登場人物の幾人かについての描写が曖昧なところがあります。

本編を先に書けば良かったのですが…(´・ω・`)

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

さなだまるさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません