このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

関ヶ原前夜

小説 歴史・時代

関ヶ原前夜

朱桓休穆

歴史

休載中

3ページ

更新:2008/12/21

説明

前田利家が1599年に死去した。これを機に石田三成と徳川家康が動く。石田三成には蒲生郷家と島左近という猛将が二人いた。三成は各国に檄文を飛ばし反徳川勢を作った。三成についたのは上杉景勝、毛利輝元、大谷吉継らついた。一方徳川家康には徳川四天王を中心に本多正信と家康は策を練っていた。徳川についたのは加藤清正、福島正則、黒田長政など武闘派が集まった。家康は西軍の吉川広家と小早川秀秋に内応の書状を送っていた。一方違うところでは福島正則、加藤清正ら武闘派は三成を襲撃していた。三成は家康のところに保護を求めた。家康はためらうことなく保護を受け入れた。それは豊臣が内部分裂している証拠で都合がよくなるからである。家康は三成に身分献上と隠居を迫った。なくなく三成はそれを承諾し、佐和山城に帰ったのである。1600年(慶長5年)五大老の一人上杉景勝が謀叛を企んでいた。その知らせはすぐに家康の耳に入り、上杉征伐を行いに出陣した。これを好機とみて三成が伏見城を攻撃。家康はすぐに転換をする。伏見城は落ち徳川の重臣鳥居元忠は戦死。三成は家康来るのを知り軍を転換した。こうして関ヶ原の戦いが始まろうとしていた。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

朱桓休穆さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません