このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

たったひとつの大切な恋

小説 恋愛

たったひとつの大切な恋

祐沙

人生でたった1つの恋だった…。あなたと一緒に過ごした時間は今でも大切な宝物…。

休載中

7ページ

更新:2011/06/11

説明

あなたにとっては、たくさんした恋愛のうちの中の1つかもしれない…。
今まで付き合ってきた彼女達のうちの中の1人かもしれない…。
でも、私にとっては、今までも、これからも、人生でたった1つの大切な恋愛で、一生私の心の中から消えることのない、本気で愛した人…。
あなたを失ってからもまだなお、あなたから学ぶコトがたくさんありすぎて…。
あなたの存在は私にとっては大きすぎたんだ…。
出会いそのモノが、神様がくれた最高のプレゼントだったんだ。。。     


誰よりも大好きだったから…。
何よりも大切だったから…。


私はあなたから離れます。

あなただけが全て。そんな恋を私はあなたと出会って知りました。

恋する自分に恋してる恋愛とは全く違う、とてもとても貴重な気持ちをたくさん知りました。

私に愛を与えてくれて、教えてくれてありがとう。
私はとても幸せでした。



あなたの私の名前を呼ぶ声が好き何よりだった…。
もう二度と聞くことはできないんだね。。。
あなとの仕草や声が全てが私の頭の心の中から消えることはあるのかな…。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

祐沙さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません