このページのリンクアドレス

エブリスタ
中嶋若葉の恋愛録【前編】

小説 恋愛

中嶋若葉の恋愛録【前編】

セプラビッツ

「し、不知火くん……大好……はうっ、言えない」

完結

347ページ

更新:2011/03/06

説明

俺の名前は、不知火悠樹!(シラヌイユウキ)龍刻学園に通う高校二年生だ!


代々、受け継がれる天牙不知火流って言う格闘技の次期継承者だけど、そんなつもりはさらさらない……

まあ、俺は平穏に暮らしたい分けよ……



たが、人生そんなに甘くないみたいだ……

俺の細やかな願いとは裏腹に、平穏な生活は音を立てて崩れ去る。


「不知火悠樹、死んでもらう!」


「…………まだ死にたくない…………」


「……不知火くんは私が……守る……」


この小説は『平凡な俺と暴走お嬢様』とは、全く別のお話です。


『平凡な俺と暴走お嬢様』を読まなくても十分楽しめますが、読んでもらった方が、さらに楽しめる事、間違いなし!!

と、言う訳で、『平凡な俺と暴走お嬢様』も読んでくれたら嬉しいです!

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

セプラビッツさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません