このページのリンクアドレス

エブリスタ
6:18 給湯41℃

小説 恋愛

6:18 給湯41℃

守崎

「同情してほしいわけ?」 …自分のことばかりな男の子と軽蔑主義な女の子のノベル

完結

22ページ

更新:2009/11/25

説明

窓の外でかすかに揺れる木の枝

窓越しにぼくらを照らす月明かり


「同情して欲しいわけ?」

「トウコが悪かったことなんて一度足りともないのです」

「タイチ兄さん」

「黙れよ」

「煩い」

「…絶対に笑わない?」


「好き、…好きなの。」

「またね、透子。」



ロクジジュウハップン
キュウトウ ヨンジュウイチド



恋愛>その他 で、
このお話の明確なジャンルは



ハートレスがっかり


デス。

 

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

守崎さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません